<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
I can't go back to you. Fuck me, baby.
 

「えぇ、えぇ、わたくし白状致しますわ。」
妻は涙ながらに箸を置き、ぽつりぽつりと話し出しました。

あれは・・・確か吐く息が白くなり出した頃の秋の夜でした。

その日帰宅したわたくしは、暖房をつけると直ぐに、御飯を炊こうと思いまして、
こう、軽量カップでお米を二杯と半分、釜に入れて水道の蛇口をひねったんです。
すると水が上がると同時に、何か、ワーっと水面にあがって来たんです。
最初はアラお米かしら、と手でかき混ぜながらぼんやり思っておりましたが

それらが それぞれに 動くんですの 。

わたくし年甲斐も無く何だか良くわからない言葉を早口で叫んで
手もビショビショのまま電話に飛びつき実家の母に電話したんです。
その時の母の声はひどくわたくしを安心させてくれましたが
その間もその「動くもの」からわたくしは目が離せなくて、
だんだん気が遠のいて、母の声も聞こえなくなっていきました。
そしてあの時のわたくしは今思い出しても恐ろしいほど冷酷に

研いでいた途中の米を捨て、
疑わしい米びつには蓋をして
何事も無かったかのように戸棚にしまいました。

・・・ああ!!思い出すだけでも恐ろしい!!!
わたくしは全てを無かった事にしようとしたのです!!
もし鬼というものがこの世に存在するのでしたら
あの時のわたくしの事を言うのだわきっと!!

それから1ヶ月近く普段通り暮らしては居りましたが、
家に帰るたび、頭の片隅にはいつもあの放置した米びつの事がチラチラしておりました。きっと今でもあの中で、虫(あ言っちゃった)が増殖しているに違いない、と。
だってアナタそうでしょう!?
あの中には彼らの一生では食い尽くせない程の食料が入っているのですもの!
それにこの侭ではわたくしが!奴らのせいで御飯を炊いて食べられやしない!
コレは何とかしなければと思いましたの。
それでわたくし、やっと、やっとの思いで「米びつ先生(うろ覚え)」という
トンガラシの成分で虫を殺す!みたいな物をイオンで買って参りました。
愚かな女と思われても仕方ありませんわ、
気持ちだけでも、気持ちだけでも楽になりたかったのです!
そしてわたくしはまるでダンスの振り付けでも踊るかのように
すべらかに米びつに「米びつ先生」を投げ込んだのです。

それからどれほどたった頃でしょうか、
その日は冬晴れでとても天気が良く、洗濯物と布団を干したわたくしは
ふとあの米びつの事を思い出したのです。
立ちすくむわたくしに、お日様が、今しかないよ、と囁いたのです。
そうしてわたくしは決めました。「天日干ししよう」と。
「米びつ先生」に全てを托し、過去から逃げたあの日のわたくしと、
今こそわたくしは決別しなければならない!そう思ったのです!
そしてわたくしは、例の米びつを胸に抱えて、ベランダに向かいました。
まるで死刑囚が最後の階段を上るそれのように・・・いいえ、
初めてアナタのベッドに横からもぐりこんだあの時のような
こころ浮かれたワルツのような緊張感だったのかも知れません。
とにかくあの時のわたくしは、ゆっくりと、おごそかに、でもしっかりとした足取りでした。
だってそうでしょう?これで全てが終わると思ったら不思議ともう何も怖くなかったの!
天気だって最高だったわ!そうね、例えるなら、
虫に食われた米を天日干しするには絶好の天気、といったところかしら。

わたくしは米びつを床に置き、とうとうその蓋を開けました。

嗚呼その瞬間をアナタに何て伝えたらいいのかしら、そうね、例えるなら
すごい数の羽の生えた見たことも無い虫が、空へ飛び立っていくような感じだったの。
眩しくて眩しくてわたくしマリア様のお遣いかと思ったわ!
マリア様はわたくしの長年の罪を許してくださったのね、と思って

「手を合わせて見ていたら涙が出たの…」

妻はそう言うと嬉しそうに笑って、また箸を取って食事を始めた。

ああ、その米ですか?
干した後ザルで色んなもの振るって
普通に洗ったら美味しかったですよ。

ええ、何の問題もないです。

| 摩美様 | - | comments(0) | - |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

Comment










PROFILE
SPONSORED LINKS
ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS